International Maitre・Server Association

International Maitre・Server Association

Calendar

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Facebook

Facebook









 
〈1〉Certification:Food&Beverage


⑴ 資格について

以下の条件を満たしたものに称号を授与するものとする。
各クラスの講座は5人を最小、30人を最高のクラス編成とする。
資格検定に関してはスクール内、スクール外(企業ごと)に実施するため開催回数の定めはない。
各企業ないしグループが最低単位に達した時に講師の状況を踏まえ開始時期を決定する。

名誉階級への称号:Grand Maitre グランメートル(一例 他グラン コンシェルジュ)プロフェスールも兼ねる。
特別階級:Directeur exécutif / ディレクターエグゼクティフ(プロフェスールを兼ねる)
上記2つの称号は叙勲式が行われ食卓の騎士、サービスの騎士などの勲章を授与する。

選定範囲は1級以上の資格クラスを所持(または3人の推薦後代表が了承した者)し、個人や組織にとどまらず、広く業界に貢献し見本となるもの。


1級:称号名 メートル・ドテル
サービスのプロフェッショナル、マネジメントができるクラスとなります。上級試験を合格された方には、当協会に登録講師としてお仕事紹介への待遇もございます。
また、このクラスより協会紹介への謝礼が単位講座の10%をお支払いできます。


検定取得に必要なもの:メートル用プログラムを合計150単位取得、実務経験7年以上にて正社員としてメートル・ドテル以上の役職に3年以上(特別な事情を覗き1年以上の職場のみカウントされる)経験したもの。筆記試験に加え口頭試問と実技試験に合格したもの。


2級:称号名 サービス・エキスパート
中級者以上ではサービスを伝える術を持つと推奨され、協会員として覆面調査やイベント運営に関われる資格となります。

◇  検定取得に必要なもの:プログラムを合計110単位取得、正社員として実務経験3年以上(当別な事情を覗き1年以上の職場のみカウントされる)筆記試験に加え口頭試問と実技試験に合格したもの。


3級:称号名 サービス・クリエーター
サービスのベーシックを理解し、現場に即戦力となることを証明する資格となります。協会員として覆面調査に関わることができます。

◇  検定取得に必要なもの:プログラムを合計70単位取得、実務経験1年以上(授業も含む)




⑵ 例外規定
上記⑴に記する内容意外の条件においても、当協会がそれに準ずる経歴または功績があったと認めたものにはその称号を授与するものとする。



⑶ 資格の喪失について
本資格は一度各級を取得したら永遠に称号が与えられるものではなく、年間費等の制度が無いために定期的に学会や勉強会を開催。これらのブラッシュアップを目的とした会に、実務継続者は5年以上、業界からの離脱した者は3年以上これらの学会や勉強会に参加しないと称号を取り消すこととする。(各級合格した事実は級として紹介することは可能)
また、上記以外においても偽りの経歴や当協会のメンバーとして相応しくないと認められる行為があった時は資格を喪失することとする。



⑷ 認定バッチの一部紹介

階級により認定バッチが異なります。




IMSAのロゴの意味:

長さ365mmの長さ…………これは、365日幸せでいられるように願いを込めています。
3つの鎖………………………これは、心、技、体3つ極めることがサービス道であるとの考えを表したものです。
大きな形………………………これは、伝統的な蝶ネクタイを2つ重ね各国文化の象徴でもある箸とシルバーを埋め込みました。
小さな形………………………これは、中心に地球埋め込んだ2つの蝶ネクタイのデザインです。
大小を繋ぐ意味………………これは、サービスカルチャーの力で世界を繋ぐという国際平和の思いを形に込めたものです。



信じようこの思いの力を、信じようサービスの力を、信じよう笑顔の力を。



※上記は予告なく変更することもございますことご容赦ください。








RSS

Eラーニングでの受講について

カテゴリ : Eラーニングでの受講について
 Eラーニングのカリキュラム
 
解説動画(音声)を視聴する形式の学習方法です。動画の視聴完了後に問題を出題することもできます。映像による学習のため効率的で時間を有効に使うことができます。また、インターネットの環境さえあれば場所を気にするこなく自由に講座を受けることができます。


機能も多岐にわたり、動画やスライドの配信機能はもちろん、問題出題機能、アンケート機能他、倍速再生機能→1.5倍速、2倍速への切替やしおり機能→再生時間の保存、視聴チェック→視聴中にランダムな数字を数回表示し、視聴後に入力させることができるなど様々です。
 
活用方法としても、協会の設定する「Eラーニング講座」を組み合わせて、シナリオ型の学習をすることができます。カリキュラムは複数のフェーズを持ち、各フェーズに講座を配置することができます。フェーズごとに受講期限日や合格点数を設定することも可能ですこれにより、学習する講座を順位付けし、より体系に沿った学習が可能です。大規模な研修や資格取得のための学習を効率的に進めることが可能です。


 
 機能について

E-learningASPの管理サイトから、コンテンツの登録、受講者のID発行、受講権限の付与、学習の管理(受講履歴の把握)など、いわゆるLMS(学習管理システム)のすべての機能を利用することができます。
お客様自身でいつでもどこからでも学習管理を行うことができるのがE-learningASPのLMSをご利用いただくメリットです

・動画(スライド)配信機能
当システムでは、「講義」と、講義を束ねる「講座」が学習の単位になります。複数の講義で構成された講座を受講者に付与することでご要望に沿った学習が可能になります。「講義」は、PDF、音声・動画、問題データといった「教材」の組み合わせで作成します。


・問題出題機能
解説選択式の問題を出題し、採点結果をもとに習熟度を測る学習方法です。他の講義と組み合わせて学習の理解度を測定したり、すでに紙や実地研修で学んだ内容の理解度を計測する際に利用することができます。
利用用途他の講義の習熟度チェックができます。その他ランダム出題、解答回数制限、解答時間制限機能も追加することができます。
 
・アンケート機能
解説利用者向けのアンケートに回答させることができます。 回答結果はExcelデータとして出力することが可能です。質問形式として、単一選択、複数選択、自由入力、星選択など様々なバリエーションを利用することができます。
利用用途アンケート、回答の一時保存もできます。
 
 
 セキュリティについて

E-learningASPの動画は、高品質・セキュアなストリーミング動画配信システムから配信されます。動画は高品質ストリーミングにより暗号化され、クライアントPCに動画コンテンツをダウンロードされることなく動画の配信が可能です。これにより、動画コンテンツは不正な視聴者から保護されます。
また、動画をLMSにアップロードする際も、SSL通信+アクセスキー認証により外部からの不正アクセスを防止しています。さらに、自動エンコード機能により、動画をWEB配信用の形式に変換する作業も人の手を介在せずに行われるため、動画コンテンツが外部に漏れることは最大限予防されます。

管理システム(LMS)のセキュリティ
E-learningASPの管理システムへのログインURLは、ご利用いただくお客様ごとに発行しております。つまり、同じASPをご利用の他社が、何かの拍子にお客様の管理システムにアクセスしてしまうことはございません。

・高セキュリティ・安定稼働のAmazon社クラウドサーバを採用
E-learningASPのサーバは、すべてAmazon社のクラウドサーバを採用しています。Amazon社のクラウドサーバは世界中で利用されている大規模サーバで、きわめて高い安定性と、システムが仮に停止しても数分でリカバリできる可用性を併せ持つサーバです。
100%Amazon社サーバを利用することにより、自社でサーバを保有・管理しているシステムより、はるかに高いセキュリティと安定稼働を実現しています。現在のところ、99.99989%の稼働率を実現しています。(2017年時点)
2017-10-26 07:45:08